背中ニキビを治す方法は保湿が大事

背中を洗うのは、綺麗にしたいからといって、立とえば垢すりタオル、ボディブラシでゴシゴシと洗うのはNGです。強い刺激を与えて肌のバリア機能を弱めたり、すでに背中ニキビができている場合には、傷付けてますます炎症させてしまいます。汚れや余分な皮脂・古い角質などは洗い去る必要がありますが、こすり過ぎは厳禁です。背中、二の腕、お尻、太もも、ふくらはぎなどにブツブツができている場合には、毛孔性苔癬かも知れません。またの名を毛孔性角化症といい、古い角質の肥厚化が原因です。一見ニキビのようですが、大きな違いは細菌による炎症ではない点です。その要因は遺伝的要素が強く、年をとっていくにつれて自然に治るケースも多いようです。背中ニキビ発生の第一段階は、乾燥、睡眠不足、疲労という物理的ストレス、さらに精神面からくるストレスです。大きなストレスによる負荷がかかると、自律神経のうち、交感神経が活発にはたらきます。交感神経が優位にたつと、多く男性ホルモンが分泌されるようになり、本来のホルモンバランスが乱る問題が発生します。男性ホルモンは皮脂分泌を促し、角栓を発生させ、その上毛穴の縮小を引き起こします。大人に発症する背中ニキビは、不規則な生活を送り、寝不足がちで、食生活の乱れといった要因があります。自律神経が不安定になると、ホルモンバランスも狂ってしまい、肌トラブルを誘発します。気になる人は、生活を見直してみましょう。ビタミン類を積極的に摂るなど栄養バランスにも注意し、規則正しく日々を送り、睡眠時間を多めに取ることが大切です。背中ニキビを改善したり、予防したりするのに摂ることをお薦めする栄養素としては、ひとつはビタミンB群です。豚肉やレバー、乳製品などが持つビタミンB2、カツオやマグロに、鶏ささみなどにもふくまれるビタミンB6には、皮脂の分泌を妨げる作用があります。かぼちゃ・にんじんにふくまれるたっぷりのビタミンA、ゴマや玄米がふくむ亜鉛、レモンやイチゴにふくまれるビタミンCは、粘膜、肌を良好な状態に保ち新陳代謝を促します。肌の新陳代謝が促進される午後10時からAM2時の時間帯に、しっかりと睡眠をとることはストレスをやわらげてくれるのです。ストレスが溜まると交感神経が刺激されて、背中ニキビに繋がる糖質コルチノイドが発生します。清潔な寝具を使い、そこでしっかり眠ることは、ストレス緩和にも効果を発揮しニキビ発生をも防ぐうれしいニキビ予防法です。ニキビが顔や胸にはないはずなのに、背中のニキビだけが悪化している人も多いようです。顔とは違い、背中にできるニキビは気がつくまで時間がかかる場合も多く、気付いた時には慢性化していて治療が長引くことがあります。かゆみや痛みがひどい場合は、専門医の診察をうけるようにしましょう。炎症が強かったり重症化してしまうと、ニキビ跡が残ってしまう場合があります。背中ニキビをケアするときには、大人ニキビと同じくビタミンC誘導体を保有したローションだったり化粧水で保湿、毛穴をふさぐ角質をピーリングすることがまんなかになります。ピーリングはクリニックのみならず、自宅でもでき、簡単におこなえます。入浴時にピーリング石鹸を使用すれば、古い角質を取り除き、さらに薬剤を肌に残さず落とせます。お風呂からあがったら十分な保湿をおこなうことも大切です。背中ニキビの予防や対策を考えるとき、まず一番に挙げられる原因がお風呂です。丁寧に洗顔していても体を雑に洗ってる人は要注意です。背中ニキビは、あえて自分から鏡を二枚使ってまで見ようとしない以上、ナカナカ見つからない割に、背中が大聴く開いた服装を着ると、他人から見た時に案外目立ってしまう、実に厄介な肌トラブルです。人間の皮膚は、マラセチア菌という常在菌の棲家となっており、この菌は皮脂を好みます。皮脂が詰め込まれた白ニキビの中は、マラセチア菌の棲む絶好の環境となります。ニキビの中にマラセチア菌が入ってしまうと、あまたの皮脂を食べながら増えてゆき、皮脂がふくむトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸という刺激物質へ変化をさせてしまいます。お世話になってるサイト⇒背中ニキビ 治す方法