介護食は専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めよう

徹底した食事療法を手掛ければ嚥下障害に罹っていても、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、嚥下障害の進行を妨げる事も可能になります。優れた効き目が出た際には、嚥下障害の進行をほとんど止まっているくらい遅らせる事が可能なのです。食事療法がむつかしいと言いますが、これは制限の内容がむつかしいと言う事ではありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で現すと30~40g程になります。食事を基にして得立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓の内部で分離され、無駄な老廃物は尿を出す際にいっしょに排出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓にもたらす負担が増加します。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個程のたんぱく質が内包されています。嚥下障害を患うと肺の内部が蝕まれるため血流が悪くなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に居座り続けるようになります。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症を発生させる要因となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。なのでしっかりと食事療法を手掛けて、食材の硬さ・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量維持することが必要となります。嚥下障害を発症した方のおこなう食事療法の趣意は、嚥下障害の進行ペースを遅くさせる事と、健康体のキープとされます。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を基に腎不全が進行しないようにできますし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。加えて、透析をはじめても、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は重要視されます。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に届いて分離が行われた末に尿中に排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉量が落ちてくると、クレアチニンの量も減少します。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が増加するので、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、使用する食品の種類や調理の際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、搾るようにすると、より多く除去できます。嚥下障害が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、食材の硬さに加えて水分の調整も必要になります。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中における全水分が相当します。嚥下障害そのものが無い或いはそこまで酷くない場合食材の硬さ制限だけになります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量を基に医師が決定します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自身のみの判断で制限をおこなうのは宜しくありません。嚥下障害の人の為にたんぱく質の少な目な介護食品が売っています。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理をおこなえます。腎臓の機能が低下するにつれ、今よりも力を入れて食事を管理する必要があります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。
購入はこちら⇒介護食宅配